戦隊もの

電王&トッキュウジャー!

電王ブログなのにトッキュウジャーばかり書いている私(^_^;)

実は初めて幼児向けテレビ雑誌を買ってしまいました。
「てれびくん」ですね。
まぁ、息子に買ったんですけど、誘導してしまったようなもんで(^_^;)
で、そこに書いてあった記事を見てびっくり。
電王とのコラボ、期待はしてたんですが、まさかこんなに早いとは。
春公開のライダーの映画に、トッキュウジャー&キョウリュウジャー&電王のメカが登場するらしい…
つまりトッキュウオー(巨大ロボットね)の頭にキョウリュウジャーのメカ(ガブティラ)、足にデンライナーが合体すると。
うわ…
関連してトッキュウジャー版デンライナー(なぜかデンオウレッシャーというらしい)も発売されるらしい。
獣電池に過去の戦隊版があったり、ロックシードにレジェンドライダーがあったりするのと同じか…

正直、私が期待していたコラボの仕方とはちょっと違うんだよな~(-_-;)
私が思い描いていたのは、まぁ良太郎やハナは難しいにしても、オーナーやイマジンたちはそのまま出演できるのではないかと。
イマジンの誰かがトッキュウジャーのメンバーに突然憑依して…みたいな。
ビジュアル的にはウラ→トカッチが適任かな?
ディケイドの電王回みたいやけど。

ところでトッキュウジャー、第3話まで見たんですが、ちょっと気になる点が二つ、あったんですよね。
あんまりこういう所を指摘する人はいないと思いますが…
一つは、「トッキュウジャーをやる」という表現が何度も出てきたところ。
メンバーの一人が、列車…じゃなかった、烈車を降りる、つまりトッキュウジャーをやめるかどうか迷う、という話だったんですが、レッドたるライトくんは、「トッキュウジャー」を「やる」という表現を何度か使うんですね。それがどうもひっかかった。
トッキュウジャーとは何か。悪を倒すヒーローですよね、単純には。たとえば小さな子供に「大きくなったら何になりたい?」と尋ねたとき、電車の運転士とかサッカー選手とか消防士とか看護師とかいうのと同じように、「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」が挙がったりする。つまりヒーローとは見方を変えれば職業とも言える。そういった職業につくときに、「消防士をやる」とか「看護師をやる」とかいう言い方はあまりしないと思う。そういうと、何だかやらせっぽい感じがしちゃいます。
たとえば「役をやる」なら、すっと当てはまります。○○ごっこで、「あたしお母さん役がやりたい!」「じゃあ僕お兄さん役やる」「じゃ私赤ちゃん役」ってな具合に。
そう、トッキュウジャーはもしかして、ごっこ遊びで「やる」役なのか?

…と、ここまで考えて嫌な予感がしました。
もしかしてこの作品、壮大な夢オチじゃないだろうな~
実は全部、ライトくんたちメンバーの夢だった、みたいな。実際は皆まだ子供で、夢の中で大人になってて、ヒーローごっこやってる、みたいな感じ。

もう一つの気になる点というのが、ライトが、車掌の右腕…チケットくんを車掌の動かしているパペットじゃないかと疑って追いかける所。こだわってるのか、2度も狙います。
でも、ライトは確か、一番イマジネーションの力が大きいという設定。つまり、想像力豊か、ということですよね。
小さい子供たちは、パペットをパペットと思いません。生きているようにとらえます。それは想像力のたまものかと。サンタを信じ、コビトを信じます。うちの娘も2年生までは本気でコビトを捕まえようとしてました(笑)
でも小学校の3,4年ぐらいになってくると、だんだん疑い始める。着ぐるみはたたいて引っ張って、中身を確かめようとする。…かわいそうに全国のゆるキャラは小学生の被害にあってるとか(笑)
これはつまり、ライト君の行動と同じです。
これは、想像力が大きいということなのかな?
なんかちょっと、違う気もします。

昔の子どもたちは、幼児のままごとから始まって、小学生男子の探検ごっこや基地ごっこまで、想像力たくましく遊んでいたんじゃないかな~と思います。
でも今の子どもたちはどうなんだろう。
幼児のころからスマホやDS、TVゲームで遊んでいる子もいる。
大人から与えられた世界、コンピューターが作り出した世界でばかり遊んでいる。
そこに想像力を使う余地はない。
だから、トッキュウジャーのテーマって、掘り下げよう描きようによってはかなりイイ、テーマになるんじゃないかな~って思いますが。

トッキュウジャー始まりましたね

前日にスーパーのおもちゃ売り場行ったら、すでにおもちゃが並んでてちょっとびっくり
Evernote_camera_roll_20140218_15233

まさに「見切り発車」ってやつですか?(笑)
ロボットのおもちゃを息子と一緒に触ってきました。
キョウリュウジャーのは結構しっかり変型させて、いかにも合体ロボットらしい感じでしたけど、このトッキュウジャー、ホントに簡単。
電車を並べてそのままくっつけたみたいな合体。
例えばプラレールをロボットになるように並べたみたいな…
あるいはブロックかスネークパズルをくっつけたような…

キョウリュウジャーは全体的にデザインに今風なかっこよさがあった気がするんですが、トッキュウジャーは何か割り切ってちょっとレトロな感じがします。
狙っての事でしょうけど。何せ30年以上やってるもんね、戦隊って。

さて実際の放送を見て。
ああっ鉄道ネタ、これでもかって言うぐらい満載ですね~
電王も一応電車モチーフだったけど、やはり仮面ライダーということで、セーブがかかってた感があります。(今ならどうかわからんが…鎧武の例を考えたらね)
今回はもう徹底的に取り入れてますね。
しかし売りの「乗り換え変身」…上手く使わないと、見るほうも作るほうも混乱するだけで、無意味になりそうなので、要注意かと。

それから個人的にちょっと残念だったのが、OP。
曲のテンポが速すぎて、何を言ってるかよくわかりませんでした^^;
その曲に合わせた映像も目がチカチカするほど忙しい…
私が若者のテンポについていけないだけ?
いやいや、違うと思う。
戦隊ヒーローって、基本子供番組な訳で、主題歌は子供に覚えてもらったり歌ってもらわなきゃ意味ないと思うんですよ。
子供向けの歌は、例えば「アンパンマン」や「お母さんといっしょ」の曲を聞いてもわかるように、リズムや曲調は色々でも、テンポはそれほど速くないですよね。子供が歌いやすい、ノリやすい速さになってると思います。
その意味では前作キョウリュウジャーのOPは良かった。歌詞もメロディもわかりやすく覚えやすくて、演奏しやすかったです♪しかもちゃんとカッコイイ曲になってる。
(私、息子の園の音楽サークルでバイオリンを弾いております…へたっぴですが(^_^;) 

それにしても画面のあちこちに既視感が^^;
車内、車掌(突然出てくる現れ方もセリフの感じもオーナーみたい)、空中や街中に現れる線路、等々…
まあしょうがないっちゃしょうがないけどね。
さらに電王とのからみで言えば…
青のキャスト、なぜメガネなんでしょうか…まるでU良太郎!だと思ったのは私だけではないよね。
そしてキーワードは「イマジネーション」ですか!
電王の「イマジン」もイマジネーションからとった言葉だからね。
いやはやまいった!

次は~トッキュウジャーに停まります。

新年早々の早すぎる予告で家族全員ビックリしましたが、うちの息子はか~な~り、期待してるみたいです。
それにしても「烈車戦隊トッキュウジャー」だなんて、ヒネリも何もないそのまんまの名前だなぁ…(一応字は変えてるけど)
キョウリュウジャーもまぁ、そうでしたけど、「ジャー」を付ければ名前になっちゃうという流れは、もはや止まらないようですね。
うちの息子は「野菜戦隊シンセンジャー!」などと叫んでいます。
(たぶん元ネタはシンケンジャー)でもこれけっこうひねりが効いてるよね?(笑)
今回参加するベテランキャストは関根勉さんか~
車掌役なんだって。
なかなか楽しみであります。

な~んて、電王のブログなのに、いきなり戦隊ものの話を書いたのは、電車もの、って共通点があるから。
意外にも、戦隊で電車そのものをモチーフにしたことって、なかったんですってね(o_o) メカの一部が電車のはあったようですが。
さらに、トッキュウジャーのメインライター(脚本家)は、電王と同じ小林靖子さんだそうです!なんと!

電王とのコラボを期待している電王ファンは私だけではないはずだ!(笑)

例えばキョウリュウジャーは映画で過去の恐竜もの戦隊と共演しているので、一番可能性が高いのは、電車メカが登場した過去の戦隊(ゴーゴーファイブ、マジレンジャー、ゴーオンジャーだそうです)との共演ですが…

が、あえて期待。(^_^;)

まぁさすがに「良太郎」や「ハナ」は出演できないだろうけど、たとえばイマジンたちがトッキュウジャーのメンバーに憑依しちゃって、みたいな話はできそうな感じがしますよ。
破壊者ディケイド(笑)がシンケンジャーとコラボして以来、戦隊とライダーのコラボはもはや珍しくないし、ゴーバスターズでは本編中にギャバンが出たりとか!してるんで。ありえなくはないよなぁ~ていうか、最初から狙って靖子にゃん脚本?(おいおい)

なんだかんだで、やっぱり楽しみかも(^_^;)

その他のカテゴリー

ウェブページ

最近のコメント

リンク

無料ブログはココログ