« ドライブ | トップページ

ドライブ感想その2

長く更新しないまま、ドライブもはや終盤戦…
一応、見てたんですよ。鎧武よりはまともだしね。
ただ、途中ちょっと中だるみはしてました、正直。というのも、演出の一部にややついていけない雰囲気があったから。サブキャラにからんだコメディの演出とか。あとは…なんだろう。ストーリーの盛り上がりに欠けたのかなぁ。

でも、25話ぐらいだったか、ドライブの正体がばれた、という話のあたりから、何だか面白くなってきた感じがあって。
あと、進ノ介の父親のエピソード始まってから、あれ、そうだったっけ?みたいな疑問がわいてきて、以前の話を見直してから、ちょっとハマっています。
さらに今…ちょっと私生活で忘れたいことがあって、そのためについ没頭してしまい(笑)
…電王にハマったときと同じだな。でも、おかげで救われています。

鎧武よりまとも、と何度も繰り返していますが、じゃあどこが良くてどこが悪いのか。
少なくとも、キャラクターの会話と行動がまともだと思うんですよ。一応ドラマしているというか。どんだけ鎧武がひどかったんだってことになりますけど(-_-;)いや鎧武ももしアニメだったらそんなに気にならなかったかもしれない。でもこれは特撮「ドラマ」ですからね。実写で生身の人間がしゃべるので、あまりにも作り物っぽいせりふは似合わないんですよ。
そして人物の性格と行動に一貫性というか…こういう状況ならこの人物はこう感じるよね、という部分がだいたい、できてる。これ脚本の基本だと思うんですが、鎧武ではいまいちできてなかったんで…(^_^;)

では悪い点。ま、ネット上でたくさんの人が言及してるんで、全部あげる気はないですが、とりあえず私が気になったのは、上でもちょっと書いた進ノ介の父親の件。唐突なんですよね、どう考えても。父が警官で殉職した、ぐらいの話しかなかったんですよ、25話ぐらいまで。それがいきなり「泊英介を知らないものはいない」ぐらいの扱いで出てきて。しかも進ノ介もいきなり、父のことを意識し始めて暴走したりする。だったら、もう少し最初から、彼の父に対する思いを描いてきてほしかったな。霧子のプロトドライブに対する思い入れぐらいに。
どう考えてもストーリーのテコ入れに急いで考えた設定っぽいんですよね。

最近気になったエピソードが、進ノ介の「殉職」。
…まぁ安易な死に方&復活だなーと(^_^;)
きっと刑事モノなので、ネタとしてやりたかったところへ、最終フォームを出すためのエピソードとして使えると考えたんでしょうね。あの字幕の出し方がそれを物語ってますよ。…だから本当はシリアスな話のはずなのに、なんか笑ってしまった(^_^;)
しかもそのフォームときたら(笑)…
おおっと進之介にベルトさんが憑依!?電王みたいだ!
…じゃなくて、三条さんの脚本なので、俺たちは2人で1人の仮面ライダードライブ!とか言うべきなんかな(笑)

ま、ドライブは登場人物といいストーリーといい、全体に今時珍しいストレートな展開だなーと思います。
チェイスの正体しかり、剛しかり…実は裏切ったのでも洗脳されたのでもなくて、潜入するための作戦だったとか。

ちなみに私の今のお気に入りキャラはチェイスですかね。
何か一番おいしい役ですやん。設定もデザインも…ライダーのデザインより魔進チェイサーの方がかっこいいと思いますが(笑)
人間態とロイミュード態とライダーの三つの姿を持ち、人間の姿でも特殊能力がある。私の好きなウルトラセブンに通じるなぁ(笑)
ターミネーター2に近いものもありますよね。まさか、ロイミュードの最後の一人として自分を始末するなんてエピソードは…ないよね!?

…あと役者の顔も好みです(笑)

« ドライブ | トップページ

その他のライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライブ | トップページ

ウェブページ

最近のコメント

リンク

無料ブログはココログ