« 鎧武感想、その後 | トップページ | ドライブ »

鎧武感想、終了後

春からいろいろと家の事情があり、ブログ更新ができてませんでした(^_^;)
今もまだ片付いてないのですが…悩みすぎて最近また、電王に戻ってきましたよ(笑)
アイロンがけしながらビデオ見てニヤついたりしています。
そして実写「るろ剣」最終話を早く見に行きたい。うがーっ

しかしなんだかんだで結局鎧武、見てしまいました。
途中、よっぽど見るのやめようかと思った時期もあったんですけど。
早かったなぁ。もう一年たったのか。
ウィザードの時も早かったんですが…
子供たちが、「次の仮面ライダーなんだろねー」とか言い出して、あぁーと感慨にふけり。

それはさておき、鎧武。
予想通り、伏線は回収してくれました。やや強引な所も見受けられましたが。
(特に舞が変身後に時間を戻ってさまようあたりとか。何じゃい、それで済ますんかって感じ。)
でも、やっぱり…腑に落ちないまま終わってしまったなぁ。
結局、何が言いたかったのか。登場人物たちは、何がやりたかったのか。
よくわからないままでした。私には。(ゴメン、よくわかっている人もいるよね)
脚本の出来が悪いと、役者がかわいそう。自分の役に入り込むのが大変だと思うのです。お芝居というものは、演劇というものは、ほんのひと言のセリフでも、そのキャラクターを理解し、まさに「なりきって」いなければ言えないのです。例えば同じ「ありがとう」でも、紘汰と光実が言うのでは違うんですよ。
でも、鎧武の脚本は、メインキャラの言動に首尾一貫性が欠けているものが多いような気がするんですよね。

思うに、鎧武の脚本は実写には向いてなかったんじゃないでしょうか。
同じ脚本を、もしアニメのキャラクターがしゃべっていたら、あるいはそれほど違和感がなかったかもしれません。
やっぱり、生身の人間が、仮面ライダーという特撮作品のなかでしゃべるセリフには、リアルさが欲しい気がするのです。
鎧武には、どこかアニメチック、漫画チックなセリフが多かった気がします。
うまく説明できないけど。

あと…ごめんなさい、主人公の最後の「王子様」姿、笑ってしまいました(^_^;)
似合ってねぇええ!!
もうちょっと何とかならんかったのか!
…いや、素材は、役者はかっこいいですよ♪
彼、脱いでもすごいし(笑)鍛えられたアスリートみたいな体型はさすが。
平成ライダーでもきっと一番じゃないかな。

だーかーら、余計にもったいない。
脚本が。もっと、いい話になったと思うのに。

蛇足。始まりの男と女、というならいっそ…最後はアダムとイブ風の衣装(!)でよかったのかもよ?)

« 鎧武感想、その後 | トップページ | ドライブ »

その他のライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎧武感想、その後 | トップページ | ドライブ »

ウェブページ

最近のコメント

リンク

無料ブログはココログ