« あらすじ | トップページ | デンライナー »

電王を見る前に

皆さんが、「仮面ライダー」と聞いて思い浮かべるのは、どんなヒーローですか?

電王は、まず「仮面ライダー」という色眼鏡を外して見たほうがいいかもしれません。
というのは、仮面ライダーの一シリーズとして作られているものの、ライダーらしくない点が多々あるからです。

そもそも私は子供のころからヒーロー好きでした。
特撮に限っても、「ウルトラマン」(特にセブンと帰ってきた)、「ゴレンジャー」(をはじめとするいくつかの戦隊もの)、「宇宙刑事ギャバン」のシリーズ、そして「仮面ライダー」。
特撮以外でもアニメとか時代劇とか…考えてみたら「シティーハンター」だって「ナイトライダー」だって「遠山の金さん」だってヒーローものだよねぇ?
ま、こちらはまた機会があれば語りたいと思います。

さてライダーの中で実際に見た記憶があるのは、「スカイライダー」「スーパー1」「BLACK」「BLACK RX」ですね。
でも1号やV3などもなんとなく知っています。V3は弟が大百科を持っていたり替え歌(笑)を歌ってたりしてたので怪人や主題歌も覚えてるし…(ちなみに替え歌は『あーかいあかーい あかいおめんのV3 ダブルタイフーンおもちゃのベルト 電池が切れると風車がとまる ちーちよはーはよ隣のおばちゃん♪』(笑)でした)

かなり脱線しましたが、こんな私の場合、ライダーと言えば、

・20代以上のお兄さんが、ベルトをつけて変身して一人で戦う
・戦い方は徒手空拳(武器を使わない)、必殺技は(ライダー)キック
(実際は昭和のライダーでも銃や剣などの武器をつかっているライダーがいるみたいですが)
・バイクを乗り回す
・目が二つあって触覚みたいなアンテナがある(昆虫っぽいデザイン)
・作品全体にどこかダークな雰囲気がただよう

といったところです。
一般的なイメージも、たぶんそんなところじゃないでしょうか。

ところがくだんの電王はというと…

・10代の青年がベルトをつけて変身して戦うが、一緒に戦う仲間が何人もいる
・戦い方は武器を使うことが多い。必殺技もキック以外にいろいろある
・バイクも乗るが、なんと電車に乗って巨大化した相手と戦う!
・基本デザインのモチーフはおとぎ話と電車!(二つの目や触覚っぽいものがあるが、昆虫ではない)
・作風はコメデイタッチで明るい

という具合に、ライダーというよりもいわゆる「戦隊もの」(○○レンジャーなどの集団ヒーロー)に近い雰囲気かなと思います。
実際、作品中で「仮面ライダー」「ライダー」という言葉は一切出てきません。
後の、他のライダー作品とのクロスオーバー的な作品(「ディケイド」など)では、使われていますが…

そういうわけで、純粋なライダーのファンにとってはかなり、違和感があることは否めません。実際、「これは仮面ライダーじゃない」、「仮面ライダーに対する侮辱である」「大嫌い」という意見も絶えません(^_^;)
いわゆる賛否両論まっぷたつ、というやつ。

他の平成ライダーの中にもライダーらしくない作品はいくつかありますが、私の中ではこの電王と、「龍騎」「響鬼」という作品あたりはライダーじゃないな~という感覚です。

いずれにせよ、この作品を楽しむには、「仮面ライダー」ではない「特撮ヒーローの1作品」として見ることをおすすめします。

« あらすじ | トップページ | デンライナー »

概要」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あらすじ | トップページ | デンライナー »

ウェブページ

最近のコメント

リンク

無料ブログはココログ